自分を知りたいけど 勇気がでないあなたへ。|WAIS-Ⅲ 体験して感じたこと

自分を知りたいけど勇気がでないあなたへ
スポンサーリンク

 

こんにちは。miyakoです。

WAIS-Ⅲをすると、自分の得意不得意がわかります。

また、発達障害かもしれないという結果がでるかもしれません。

したがって、知能検査をすることは とても勇気がいることだと思います。

 

  • 自分を知ることがこわい。なかなか勇気がでない。
  • 生きづらさがあり 悩むことが多い。
  • いろいろな情報を調べてみて、自分は発達障害かもしれないと 悩んでいる。
  • ウェスクラー式知能検査 WAIS-Ⅲ(ウェイス・スリー)を受けてみたいと考えている。

このような気持ちはありませんか?

この記事は、ぜひ あなたに読んでいただきたいと思っています。

 

この記事を読むにあたって、ひとつお伝えしたいことがあります。

この記事には、検査のくわしい内容、そして私の検査結果(IQなど)は書いていません。

まだ検査を受けていない方が、検査内容を知ってしまうことで、正確な検査データがでないおそれがあると判断しました。

 

関連記事>>>まさかの大人のADHDと診断!子育て中の異変。私は発達障害でした。

 

 

ウェスクラー式知能検査 WAIS-Ⅲ(ウェイス・スリー)とは?

カウンセリング

WAIS-Ⅲの体験談をお話する前に、簡単に WAIS-Ⅲについて 説明します。

 

WAIS-Ⅲとは?

WAIS-Ⅲとは、ウェスクラー式知能検査のなかの成人用の知能検査のことです。

Ⅲというのは、第3版ということ。

2018年の8月に第4版、WAIS-Ⅳが発売予定です。

 

WAIS-Ⅲは どこで受けられるの?費用は?

WAIS-Ⅲは、どこで受けられるのか、どのくらいの費用がかかるのか気になりますよね。

発達障害の診断を求める場合は、医療機関(主に精神科)で受けられます。その場合は保険内診療となり、自己負担3割の場合は1,350円となります(ほかに必要な費用がかかる場合があります)。「診断を求めるほどではないけれど、自分の得意不得意の傾向を知りたい」という場合は、民間のカウンセリングルームや大学の心理相談室などで受けられます。こちらは保険内診療とはなりませんので、各機関によって3000円~2万円ほどの開きがあります。あらかじめお問い合わせのうえ、お申し込みください。

cotreeより引用

私は、保険内診療でした。

検査を予約するときに、どのくらい費用がかかるのか、事前に確認しました。

 

 

WAIS-Ⅲの体験談をまとめました。

ノートに書きこみ

 

結果も大切だけど、WAIS-Ⅲをすることで気づくことがある!

私は、検査をするだけで、自分の得意と不得意なことが分かりました。

検査中の自分の心の動きが、おもしろく分かりました。

わー自分にはこんな一面があるんだ〜と、驚いたんですよね。

今まで、自分のことについて 理解していたつもり だったことに気づきました。

 

WAIS-Ⅲをしているときに 気づいたこと

  1. 心理士さんの言動に集中するあまり、作業に集中できない。
  2. 自分の答えに自信がない。間違っているのではないかと 気にする。
  3. 記憶力がない!シャボン玉がはじけるように 記憶が消えていく。
  4. 言葉を解釈する能力がよわい。
  5. ひとつにこだわると、次への切り替えが難しい。
  6. 法則が分かると、覚えが早い。
  7. 視覚で情報を得ることが得意。

 

WAIS-Ⅲが終わって、自宅に帰ってから考えたこと

  1. 人のことばかり気にしすぎて、自分の気持ちを押さえ込んでいた。
  2. 自分に自信がないため、人の意見に振りまわされすぎていた。
  3. 失敗をして、恥ずかしい自分を見せたくない。よい自分を見せたい。
  4. 自分の記憶が正しいと思っていたが、記憶力がよわいということがわかり、自分の記憶は確かではないと気づいた。
  5. 言葉を解釈するより、視覚的な情報(表情や行動など)が先に入り、脳が先に処理してしまうため、被害的な感情が生まれやすい。
  6. 私は、記憶力がよわいため、映像化して記憶する。
    早口で言われた言葉は、ほどんど記憶できない。
    今までのつらい記憶は、視覚的な情報を映像化した記憶であるため、自分で脚色している可能性がある。
  7. ひとつのことを気にすると、こだわり続けるため、周りが見えなくなってしまう。
  8. コツをつかむまでは長い道のりだけど、コツをつかむと仕事が早い。

 

WAIS-Ⅲが終わって、今後気をつけたいことを 自分なりに考えてみた

  1. 被害的になったときは、一呼吸おいて、相手の言動をゆっくり考える。
  2. 相手の気持ちが分からないときは「私は○○と言われて ○○と受け止めた。あなたが言いたいことは○○だった?あってる?」と相手に確認してみる。
  3. 昔のつらい記憶は、正しい記憶ではない可能性があるため、気にしない!
  4. 記憶力がよわいため、ノートに書くようにする。
  5. 視覚的な情報から分析してしまう癖があることを意識して生活をする。
  6. 苦手なことはたくさんあるけど、自分なりのコツを見つけると、得意になることがあるかもしれない。

 

WAIS-Ⅲの検査をするだけなのに、こんなに自分の得意・不得意が分かったんです。

検査の結果ももちろん大切だけど、検査中の自分の心の動きを意識してみると、わかることも多いと思います。

検査後、発見したことは忘れずに_φ(・_・メモです!

 

WAIS-Ⅲの検査結果をきいて

後日、WAIS-Ⅲの結果がでました。

WAIS-Ⅲの検査結果と他の心理検査の結果をみて、発達障害(ADHD)と診断を受けました。

結果を見ながら、心理士さんとお話をしましたが、すべて納得のいく結果でした。

 

 

自分を知りたいけど、なかなか勇気がでないあなたへ

自分を知りたいけど勇気がでないあなたへ

私は、WAIS-Ⅲをしてみて、本当に良かったと思います!

WAIS-Ⅲのおかげで、自分の得意不得意がわかった。

これからの生きやすい方法を見つけることができました。

 

だけど、感じ方は人それぞれ。

結果を聞かないほうが良かったって人もいるし、結果を知って良かったと思う人もいるでしょう。

 

自分を知りたいけど なかなか勇気がでないあなたへ 伝えたいのは、

気持ちがラクになるほうを選んでほしい!です。

検査結果が すべてではありません。

生きやすい方法を探すには、他の選択肢もあります。

 

私は当時 、 どんなことでも受けとめるから 私のことについて何か見つけてください!という思いがありました。

いろいろな検査をして、発達障害か否かを診断することが、今のつらい気持ちをラクにする方法でした。

自分の出来なさに 悲しくて泣いてしまったことはあったけど、今は前向きに受け入れることができています。

 

今のあなたの気持ちはどうですか?

ゆっくり考えてくださいね。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す