【0歳児向け絵本】迷ったら、松谷みよ子さん作品を読むべし!

赤ちゃん 絵本
スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは。miyakoです。

今回は、絵本探しを迷っている方へおすすめしたい、松谷みよ子さんの作品を紹介します。

 

私たち親子は、松谷みよ子さんの作品の大ファンです。

 

この作品に出会ったのは、出産祝いに頂いたのがきっかけでした。

今では、この絵本を読み続けたおかげで、私たちは絵本のフレーズを覚えてしまいました。

 

松谷みよ子さんの作品を読んだことがあるお母さんは多いと思います。

 

いないいないばあ改版 (松谷みよ子あかちゃんの本) [ 松谷みよ子 ]

 

あかちゃんの本の代表作『いないいないばあ』です。

表紙を見たら、「この本知ってる!」って方、多いと思います。

 

松谷みよ子さんの作品は、多くの人たちに、長く愛されている絵本なんです。

そんな松谷みよ子さんの作品の魅力を、自分の子育て経験を交えながら、まとめてみました。

絵本選びのヒントになればと思います。

 

そもそも赤ちゃんに絵本は必要なの?

 

そもそも、赤ちゃんに絵本は必要なのでしょうか?

気になりますよね。

 

正直、この絵本を手にするまでは「赤ちゃんには絵本は必要ない」と思っていました。

 

しかし、出産祝いに頂いた絵本を息子に読んでみたところ、息子の反応にビックリ!

 

私の口元をじーっと凝視。絵本を読み終わると、泣くではありませんか!!

絵本の力には、本当に驚きました。

 

赤ちゃんと絵本について、このように書かれていました↓

生後間もない赤ちゃんに絵本を読ませても無意味なんじゃないかと考えていらっしゃる方も多いようですが、そんな事はありません。むしろ、赤ちゃんがお腹の中にいる頃から胎教や赤ちゃんとのコミュニケーションを兼ねて、お腹に向かって本を読み聞かせてあげてもいいくらいです。

生後間もない赤ちゃんには、絵本を知育という感じで読み聞かせるのではなく、一緒に絵本で遊ぶ・コミュニケーションをとると考えた方が正しいでしょう。赤ちゃんは視力が弱い為、絵本は見ないかもしれませんが、耳は発達しているので、本を読んでいるママの顔をじっと見てお話を聞いてくれます。

赤ちゃんの部屋より引用

以前の私は「絵本=知育」という考えでしたね。赤ちゃんにはまだ早いと思っていました。

赤ちゃんでも、絵本は必要なんですね。

 

0歳児向けの絵本の選びのポイント!

 

今では、0歳児の絵本は種類が豊富です。

絵本選びは、迷ってしまいますよね。

 

赤ちゃんの興味をひくポイントが分かれば、絵本選びのコツが分かるかもしれません。

 

0歳児向けの読み聞かせ絵本は、こちらを押さえておくと良いそうです↓

乳児は生後6カ月頃からすでに絵本に興味を持ち始めます。言葉を覚える前の読み聞かせでは次のような作品を選びましょう。

  • ・身近なものや遊びなどが出てくるもの
  • ・シンプルなくり返しが出てくるもの
  • ・リズミカルでわかりやすい言葉、美しい日本語で表現されたもの
  • ・擬声語や擬態語が出てくるもの
  • ・絵の色彩や輪郭がはっきりしているもの
  • ・見開きに一場面が描かれているもの
  • ・シンプルな絵で構成されたもの

保育のお仕事より引用

 

くり返し言葉や、ブーブー・わんわんなどの擬声語など、息子は大好きです。

 

そして、リズミカルな言葉も好きですね。

「いないいないばあ」の言葉は、赤ちゃんは本当に大好き。

 

「捨てる→ポイポイ」や「おしっこ→チッチ」と、分かりやすい言葉を子供に使ってましたね。

子育てをしていく中で、何気なくお母さんはしていることかもしれませんね。

 

絵本を選ぶ際は、このポイントを押さえておくと、良いかもしれません。

 

松谷みよ子さんの作品が人気の理由は?!

 

松谷みよ子さんの作品は、赤ちゃんが興味を引くポイントが、ばっちり入っているんですよね。

 

松谷みよ子さんの絵本は、とてもシンプルな絵です。

絵のタッチがやわらかくて、色彩がとても優しいです。

 

文章中に出てくる単語は、身近によく出てくる言葉です。

 

松谷みよ子さんの作品の中で、『いいおかお』という絵本があります。

中でも、息子がいちばんお気に入りの絵本です。

いいおかお (松谷みよ子あかちゃんの本) [ 松谷みよ子 ]

 

この作品の日本語は、とても美しく、優しい言葉が使われてると感じました。

 

くり返し言葉も多く、リズミカルで、ついつい私も口ずさんでしまいます。

息子は「もう一度読んで!」と言わんばかりに、何度もリクエストしていましたね。

 

息子の反応を見て、松谷みよ子さんの作品が、多くの方に愛されている理由が分かりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、0歳児向けの絵本、松谷みよ子さんの作品を紹介しました。

赤ちゃんに絵本なんて必要ないと思っていた私でしたが、絵本は大切と感じました。

読んでみる価値、大いにあります!

 

息子も楽しいけど、読んでいる私も楽しい。そして癒されるんです。

 

幼児になった息子ですが、今でも愛読しています。

私に向かって、パラパラとページをめくり、読み聞かせしてくれます。

 

素敵な本にめぐり逢えて、本当に良かったです。

 

miyako
最後まで、読んでくださりありがとうございました。
素敵な絵本に巡り合えますように♡
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す