子供がテレビに執着してしまった!発達に影響は?上手く付き合う4つの方法

テレビと上手く付き合う方法
スポンサーリンク

こんにちは。miyakoです。

子供がテレビに執着してしまい困っちゃう!ってお母さんいませんか?

今ではテレビは生活に欠かせない家電。子育て中のお母さんはテレビを子供に見てもらいその間に家事を片付けるのは育児あるあるの話ですよね。

2歳くらいになるとテレビへの執着がでるころ…テレビを消すと泣いたり怒ったり、自分でリモコンを使ってテレビをつけようとしたり…。ホント悩んじゃいますよね。

我が家にも今2歳の息子がいます。息子もテレビに執着するようになりました。
「これではテレビに依存してしまう!」と危機感を感じるようになりました。
悩んだ末に私たちは、ある行動を起こしました。

ここではテレビが子供に与える影響、子供がテレビへ執着してしまった時の対策方法を解説します。
そして私たち家族の体験談もまとめました。

子供とテレビとの関係に不安を感じているお母さん、
子供がテレビと上手く付き合える方法を、今から一緒に考えて行きましょう!

子供がテレビに執着してしまい悩むどう対応すればいいの?

うなだれる女性

これはお母さんと子供だけで解決する問題ではありません!
家族ぜんいんで話し合うことが大切です!

なぜかというと、子供への対応はブレないことが大切です。
お母さんがいる時はテレビが見れなくて、お父さんがいる休日はテレビが付けっ放しとなると、子供は混乱します。
また夫婦間のトラブルをまねく原因になるからです。

子供がテレビに執着してしまい対応に困ったときは家族ぜんいんで話し合いをしましょう。
そして家族間でルールを作り、テレビを上手く活用しましょう。

子供がテレビを見ることはメリットばかりではなく、デメリットも存在しています。
以下でくわしく説明しますね。

テレビが子供に与える影響とは?メリットとデメリット

テレビに集中する子供

テレビは子供にどのような影響があるのか、まず大人たちが知ることが大切です。

子供にテレビを見せることのメリット

子供にテレビを見せることに罪悪感をもつお母さんが多いと思います。
はたして子供にとってテレビは悪いことばかりなのでしょうか。

お母さんの時間を確保できる

24時間それも毎日、子供と一緒にいるとお母さんは疲れてしまいますよね。
すべて子供にあわせて生活する毎日…一緒にいると息がつまってしまいます。
そんなときテレビを活用することでお母さんの時間を確保することができます。

興味関心がうまれる

テレビの良いところは普段ではなかなか触れあうことができないものを視聴できることではないでしょうか。
乳幼児だとほとんどお父さんお母さんと過ごしていることが多いため、そのなかで得られる知識や情報も少ないです。テレビを通じて意外なところで子供が興味関心がうまれる可能性もあります。

コミュニケーションを広げるきっかけになる

子供はキャラクターが大好きですよね。テレビではさまざまなキャラクターがでてきます。
子供と共通の話題を得ることで親子のコミュニケーションの幅が広がります。

子供にテレビを見せることのデメリット

子供にテレビを見せることのデメリットをおはなします。

言葉が遅れる

テレビによって言葉の遅れるという研究データはないそうですが、テレビの長時間視聴は言葉の発達が遅れる可能性があると提言されています。
また、近年小児科医や発達専門家から言葉の遅れなどの症状がある幼児にテレビの視聴をやめると症状が改善がみられるという報告もあります。

視力の低下

視力は生後3ヶ月あたりから発達しはじめて8歳くらいまで続くといわれています。
この時期にテレビなどを長時間見ることで、視力に悪影響を及ぼす可能性があります。

テレビ依存からネット依存へ

自己抑制を担う前頭葉が完成するのは20〜30歳と言われており、
脳機能が未発達な子供は自分の意思でコントロールが難しく、子供にテレビなどメディアを与えることは依存症を引き起こす可能性があります。

また、乳幼児のテレビへの執着は親が介入すればコントロールはききますが、子供が大きくなり中高生になった場合は親の管理がいきとどかなくなりコンロールが難しくなっていきます。
テレビ以外に、スマホやテレビゲームやインターネットを使用する頻度も増え、行く行くはネット依存へと発展していく可能性も考えられます。

ネット依存は近年深刻化

厚生労働省研究班の調査結果(2018年)ではネット依存を疑われる中高生は5年間で約40万人増加し約93万人を上回ると推計されました。これは中高生の7人に1人の割合です。

アメリカの小児科学会では、テレビやインターネットなどの映像メディアが子供の健康障害を引き起こす危険性をもっていることを指摘し、メディア教育の重要性について勧告を出しました。
また、2018年7月にフランスでは小中学校でインターネットを通信できるデバイスの使用を禁止する法案が可決されています。

このような問題は、家族間だけのことではなく、今は世界中で問題視されています。

子供がテレビと上手く付き合う4つの方法

テレビとリビング

続いて、子供がテレビと上手く付き合う方法をまとめました。

テレビ以外の遊びへ関心を向けよう

子供がいるときはテレビをつけず、リモコンは隠しましょう。
テレビやDVDなどは子供の視界に入らないように、カバーで覆うなど対策をしましょう。
テレビ以外の遊びへ関心を向けられるように、リビングに本や玩具をおくといいでしょう。

それでも子供がテレビに執着してしまう場合は、テレビを他の部屋に移動し見にくい環境にしたりテレビのない場所で遊んだりすることで、物理的にテレビから距離を置くことも必要です。

テレビは親子で一緒に見よう

言葉は親と双方のコミュニケーションによって育まれていきます。しかしテレビは一方的な情報が流れています。これを乳幼児ひとりだけで見せることは親子の関わる時間を減らし、なお言葉を学ぶ貴重な時間を失うことになります。

テレビはなるべく一人だけで見せることはせず、子供と一緒に見ることで 親子のコミュニケーションの手段のひとつとして使用することもできます。

テレビを見る時間を決めよう

ひとつの番組を見たら消す、ひとつのDVDを見たら消す、などテレビを見る時間を決めましょう。
テレビのつけっぱなし、ビデオを反復して見続けることはやめましょう。

寝る前のテレビはやめよう

寝る前のテレビは脳に刺激がくわわり子供の寝つきを悪くする原因です。
寝る1時間前にはテレビは消し子供が興奮するような遊びは控え、寝る前の落ち着いた環境を整えるようにしましょう。

【体験談】家族でテレビの付き合い方を話し合い、実践した方法とは?

リビング

2歳の息子はテレビに執着するようになりました。

息子は人よりこだわりが強いタイプです。
そして私の発達障害の遺伝の可能性も高くADHDの可能性もあります。
ADHDの特性に依存傾向に走りやすい性質があります。
私自身も子供のときからのめり込みやすいタイプでした。

大人の場合はある程度抑制がききますが、息子はまだ2歳、自分でコントロールなどききません。
もし私と似ている性質があるのであれば、小さいうちから切り替えを学んでいかないとこの先つらい思いをするだろうと感じました。

息子がテレビに執着するようになったことを夫に伝えました。
これは私だけが考えるのだけではなく、家族全員で考えなくてはいけないと感じました。

話し合った結果、リビングからテレビを撤去することにしました。
テレビは二階に移動しました。
テレビなし生活ではなく、テレビを見に行きづらい環境にすることにしました。

リビングからテレビを無くした

息子はまったく気づいていませんでした。
テレビを探すそぶりもしていませんでした。

しかしあるとき2階に置いてあったテレビを見つけ、テレビを見たい!と意思表示してきました。
見たいと言ったときは時間を決めて見せようと夫と話をしていました。

2人で一緒にテレビを見ました。
それで息子は満足しリビングに戻りおもちゃで遊んでいました。
それからは2階にわざわざ行くこともなく、テレビを観ることもなくなりました。

リビングからテレビを無くし、家族の会話が増えた

リビングからテレビを無くしてすぐ変わったことは、家族の会話が増えたことでした。
親子の会話も増え、私も夫との会話も増えました。
リビングからテレビを無くすことは、子供にとっても家族にとってもいい方法でした。

家族ぜんいんでテレビとの付き合い方を考えてみよう!

家族で話し合う

このような悩みを抱えているお母さんは本当に多いと思います。
しかしこの問題は、人になかなか相談しにくい悩みではないでしょうか。

私も息子にテレビを見せてしまうことにかなりの罪悪感を感じていました。

今は息子の発達の遅れのことがあります。

テレビに執着してしまう息子からテレビから遠ざけたい…なるべくテレビに頼りたくない…だけど家事育児に余裕がなくてついテレビに頼ってしまう…その毎日の葛藤と罪悪感の積み重ねから離れたかったんです。その結果、思いきって物理的に距離をとる方法をとりました。

これらの問題はお母さんだけが解決することではありません。
家族ぜんいんでテレビとの付き合い方を見直してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す