コンサータ18mgを飲みはじめました。効果と副作用は?|ADHD治療薬 体験談⑴

コンサータ体験談①
スポンサーリンク

 

こんにちは。miyakoです。

私は 大人のADHDと診断を受けました。

そこでADHD治療薬コンサータを服用することになりました。

 

今回からADHD治療薬の体験談を書いていきます。

コンサータ18mgを飲みはじめて感じた効果と副作用についてまとめました。

またコンサータについて知りたい!という方に、薬について詳しく説明しています。

ご覧ください(・ω・)

 

 

コンサータの効果と副作用について

コンサータ効果と副作用

はじめに、コンサータの効果と副作用について まとめました。

「コンサータについて知っている!」という方は体験談にすぐとびます⊂((・⊥・))⊃

 

大人のADHD治療薬は 2種類あります。

 

日本で使用できるADHD治療薬は 3種類あります。

大人のADHD患者が使用できる薬はコンサータとストラテラの2種類です。

  • 中枢神経刺激薬:コンサータ
  • 非中枢神経刺激薬:ストラテラ、インチュニブ

コンサータは、中枢神経に直接作用する、中枢神経刺激薬に分類されます。

 

コンサータの効果

脳 

 

ADHDの詳しい原因は、分かってはいません。

しかし、神経伝達物質の働きに原因があるのではないかと考えられています。

コンサータは、中枢神経に直接作用し、神経伝達物質を増加させ、ADHDの症状を改善します。

個人差はありますが、効果は 約12時間ほど 持続します。

 

コンサータの副作用

 

コンサータの一般的な副作用は、食欲低下・体重減少・口渇・頭痛・不眠症・動悸・チックなど があります。

 

コンサータの用法・用量

 

成人の場合、初回量は18mg。1日1回朝に服用します。

症状を見ながら増量していき、1日の最大量は72mgです。

コンサータが効いている間は覚醒するため、遅い時間に飲んでしまうと、不眠症の可能性があります。

午後に 飲み忘れに気づいた時は、その日は コンサータを飲むことはやめましょう!

 

コンサータは、除放錠といって、成分がゆっくりと溶け出していく設計になっています。

 

噛み砕いたり、割ったりしてしまうと、成分が一気に溶け出してしまうことがあるため、絶対にやめましょう!

排便時に、薬の殻が出てきます。正常に起こるため、問題ありません。

 

【体験談】 コンサータ18mgを飲みはじめて感じた 効果

 コンサータ18mg副作用

次に、コンサータ18mgを飲みはじめて感じた効果をまとめました。

 

昼間に 眠気がでない。

 

日中、眠気があり、ぼーっと過ごすことが多かったんです。

夜は 割と眠れているのですが、息子と仮眠をとっていても、眠気がおさまることはありませんでした。

コンサータを飲むと覚醒して、シャキッとしました。

日中の眠気が出ませんでした。

 

集中力が長続きする。

 

単調なことがとても苦手で、集中力が長続きしませんでした。

 

キッチンに立つことがとても苦手。

あっち行ったりこっち行ったり、家中ウロウロ 落ち着きがありませんでした。

離乳食を作るようになって、離乳食の準備は本当にしんどかったです。

 

子供の遊びに付き合うのも、苦手でした。

子供に意識を向かなければいけないのに、どこかで気が散ってしまうことがありました。

子供のことが好きなのに、なぜ子供と集中して遊べないのか、自分を責めることもありました。

 

コンサータを飲むと、集中力がアップしました。

以前より、キッチンに長く立てるようになり、集中力が維持でき、丁寧に作業することが出来ました。

料理の失敗が減りました。

そして、子供と遊ぶことが楽しくなりました。

ゆっくり子供と関わることが出来ました。

 

話の内容が入ってくる。

 

頑張って 相手の言葉に耳を傾けても、内容が入ってこないです。

昔から、聞き直す癖がありました。

小学校の時に、伝言ゲームが流行った時は、次の人に正しく伝達することが出来ませんでした。

 

コンサータを飲むと、以前より会話の内容が入ってきました。

録画したドラマを巻き戻す回数も減りました。

 

イライラしない。

 

もともとイライラしやすい性格でした。

産後は、特に増えました。

夫に、よくイライラをぶつけてしまいました。

感情のコントロールが出来ず、とても悩んでいました。

 

コンサータを飲むと、イライラがほとんどなくなりました。

いつもギスギスしていましたが、コンサータのおかげで、夫婦関係がよくなりました。

 

【体験談】コンサータ18mgを飲みはじめて感じた 副作用

次は、コンサータ18mgを飲みはじめて感じた副作用についてお話します。

 

頭痛

 

コンサータが切れる時に、後頭部がズキズキと痛むことがありました。

頭痛がつらい時は、痛み止めの薬を服用していました。

 

動悸

 

コンサータを飲んでしばらくすると、動悸を感じる時がありました。

 

不眠

 

体が疲れて、横になりたいな と思っても、仮眠をとることができませんでした。

そして、コンサータを飲みはじめて数日間は、夜も寝つきが悪かったです。

 

口渇

 

コンサータが切れると、とても口が乾きました。

寝る前に水分を摂ってしまうので、夜トイレに近くなることもありました。

 

吐き気・体重減少

 

コンサータが効いている時間は、食欲が落ちます。昼ごはんは、特に食べられません。

吐き気もあり、ちょっとしたつわりを体験しているような状態でした。

体重も減ってしまいました。

 

コンサータを飲みはじめた時は効くが、効果が薄くなった!

 

コンサータを飲み、はじめの数日間はかなりの効果を実感しました

コンサータの作用が切れる瞬間もよく分かりました。

 

夫に薬を飲むとどんな感じか聞かれた時に、説明したのは「魔法が切れてしまう感じ」と伝えました。

コンサータという魔法が効いている時は、別人になるようでした。

「普通の人は、こんなに頭が軽いんだ!」と感動を覚えました。

 

残念ながら、効果は12時間ほど…。

魔法が切れてしまった時は、普段の自分。頭の中がゴチャゴチャした状態に戻ります。

魔法が切れてしまった、シンデレラになった気分 でした。

時計台

 

コンサータを飲みはじめてから、なんと1〜2週間後効果が薄れてきました。

薬が切れた時の境目をはっきりと感じませんでした。

眠気も感じるようになり、集中力も長くは続きませんでした。

やがて、コンサータの効果がほぼない状態にまで、効果は落ちてきました。

 

しかし不思議なことに、コンサータを飲む前のひどい状態よりは、ほんの少しですが、生活をしやすかったんです!

コンサータを飲んでいた時に出来ていたことが、習慣化されたのかもしれません。

 

まとめ

まとめ

今回は、コンサータ18mgを飲みはじめて感じた効果と副作用についてお話しました。

最後に今回の体験で 感じたことをまとめます。

 

まとめ
  1. コンサータの効果を感じ、同時にADHDであると受け止めることができた。
  2. コンサータを飲んで、普段いかにできていなかったのか、再確認が出来た。
  3. 今までのさまざまな精神薬を飲んできたが、コンサータの副作用はやや重めに感じた。
  4. 18mg は自分には量が少ないと感じた。
  5. 効果が落ちたとしても、段取りが習慣化し、ほんの少しだけ 生活しやすかった。生活を工夫していけば、コンサータなしの生活も出来るのかなと感じた。
  6. こんなに頭の中が軽くてスッキリと快適になったのは、はじめてのことだった。本当に嬉しかった。

以上、コンサータ18mg の体験談でした。

 

コンサータの効果・副作用は個人差があります。
コンサータの服用などに関しては、医師に相談し決めてください。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す